家がボロボロになる前に外壁塗装をしよう!

大切な我が家を守るには

模型と刷毛を持つ人

5年経ったら

家を建てて5年ほど経つと、新築時に比べて建物の外観がくすんで見えるという声が多くなります。実際5年の間に家の外壁は、雨や台風等の強い風にあたったり、排気ガスなどの汚れた空気に晒された機会があったりで、せっかく新築時に施された外壁塗装も当時の美しさが影を潜めてしまっても致し方ないところでしょう。特にここ兵庫県は温暖で自然豊かな住みやすい地域として知られていますが、一方で県の北部南部とも海があるため潮風にさらされることが多く、また年間を通じて高温多湿な気候であることから風雨が多く高温にもなりやすい環境です。こうした環境のため、兵庫県の住宅に施されている外壁塗装は傷みやすいのです。外壁塗装は住宅の外観を美しくするだけでなく、このような外部の脅威から住宅そのものを守る役割を持ちます。しかし、およそ5年から10年ほどで外壁塗装は劣化してしまいます。外壁にヒビ割れがある、触ると白い粉状のものがつく、水が流れる部分に苔やカビが生えている等がみられたら、外壁塗装の劣化のサインです。サインが見られたら、なるべく早急な外壁塗装リファームを考慮しましょう。兵庫県内に外壁塗装リフォームを実施している業者は多数ありますが、中には悪徳いわれる業者もあるとされ、選ぶ際には慎重さが必要です。最も大切なのは、必ず兵庫県内の複数の業者に見積りを取り、料金や使用する塗料等を見比べることです。料金は、住宅の面積や使用する塗装により変化します。例えば30坪の住宅で安価なアクリルやウレタン塗装なら50万円から、標準のシリコン塗装なら70万円からというのが相場と言われています。ただし外壁の状態によっては複雑な下処理等が必要となるため、予算としては100万円くらいは考えておいた方が良いとされています。