家がボロボロになる前に外壁塗装をしよう!

外壁の塗装をする時の作業

男の人

足場を組む事から始める

東京で外壁塗装をする時の工程は、最初に安全に作業を行うために住宅の外壁に沿って足場を組みます。東京では外壁塗装の業者とは別に、足場を組む専門の業者によって作業が行われる事が少なくありません。足場を組む時には騒音が発生するため、東京で外壁塗装を行う際には、事前に近隣の住民に挨拶を済ませておきます。足場の組み立てが終わったら次は、飛散防止シートで住宅の外壁を覆い、塗装や高圧洗浄の水が飛び散るのを防ぎます。塗料が隣の住宅に飛散するとトラブルの原因になるため、飛散防止シートは隙間なく覆うことが大切です。足場と飛散防止シートの設置が完了したら、業務用の高圧洗浄機によって外壁の汚れを落とします。東京では高圧洗浄機による作業は1日程度で終わることが多いですが、広い住宅の場合には数日かける事もあります。外壁の高圧洗浄が終わったら、サッシや玄関ドアなどの開口部にビニールシートで養生をします。外壁塗装では塗料が飛び散るため、塗料がついては駄目な部分は全て、ビニールシートによって養生を行うことが必要です。養生が終わったら外壁塗装を行うための下地処理を行い、ひび割れが発生している部分に下地を入れて補修します。サイディングの目地にひび割れが発生している場合には、外壁塗装を行う前に、目地のコーキング材を取り替えます。下地の補修が終わったら下塗りから始め、中塗りと上塗りを行っていきます。外壁塗装が全て完了したら、飛散防止シートと足場を撤去して全ての工程が完了します。